植物・動物

義母と娘のブルース

ふだんとはちがったケースで視ることになったドラマ。 ドラマってほとんど見なくて、刑事ドラマや時代劇以外のものを 観るようになったのは社会人になってしばらくたった頃。 それも音楽に影響されるか、出演者しだい。 ストーリー展開にもよるかな? 最近だ…

ゆずりは -新生ー

あなたは 誰 どこから来たの しらないことを たくさん抱え あるとき わたしは ゆずりは になった なぜ その名 なのか 特にさがしたわけじゃなく ふいにあらわれ 書き方 描き方 譲る 葉 弓の つる 波 や 流 あとになると すべてに意思があり うまれかわり な…

RHAPSODY JAPAN

ふるさとを かんじていますか ふるさとは みえていますか * * ふとしたきっかけで 村治佳織さんの演奏にふれる機会を得ました アルバムの内容にひかれて購入したのですが 私にとっては なにか 発見があったような ある種のシンクロ 村治さんのお話しのなか…

わたしと書籍

こんにちは、ゆずりはです。 なかなか進まないなあとおもうので、購入のタイミングを調整するのですが 読みかけの本と読みたい本がぽこぽこふえちゃってます(笑) オリンピックの熱戦が続いていますね。 先日のフィギュアスケート男子の羽生くんと宇野くん…

めまい

ずいぶん昔に 寝返りをうつたび 天井がぐるぐるまわる といった気持ちのわるい現象に襲われた あのときはたぶん 病院には行かなかったと思うけど いったいどうしていたんだろう?? 相当気色わるかったはずなんだよね かなり長い間この現象なかったのに 去年…

線香花火

花火をする機会は減ってしまっているけど いまでも 見かけたりしたら 買っちゃうかも 綺麗だよね いろんなのあって 特に線香花火 独特の世界を 宇宙を 創り出してくれる 国産の線香花火は 一度途絶えたんだそう 今は国内メーカー3社で流通量はわずかだとの…

あなたがあなたでありつづけること

人はそれぞれ ふたりとないひとりの存在なのにいつしか自分を見失うほかの誰かになろうとしてないかい別にかっこよくなくたってみっともなくてもなさけなくってもいいんだよ問題はそこからどれだけ自分が成長できるか誰かの支えになれるかまわりに対してなに…

ターシャ・テューダー 静かな水の物語

きっとあれが 最初のであいそのときは彼女だとしらなかったはずだけど憶えていた 魂が もとめたのかもしれないわたしにその存在をしらせるために なにかがターシャに あいに行きました映画館へも ずいぶん訪れていなくてなんだかどきどきしながらそのときを…

薄紅色の

春色に染まった一角に車をとめると帰る頃には衣をまとったようになりそのまま走り出して家路についたふとこぼれおちた雨に濡れた花びらが無性にいとほしくあなたもみているだろうかこの光景を大自然の営みをコノハナサクヤヒメよわたしの魂を唯一無二の場処…

ステキな歳のかさねかた

そろそろすぱーんと なにか勢いのあるものにふれたいなあなんて思っておりましたら便りをいただき☆舞台のおしらせです☆ザ・デイサービス・ショウ20162016年11月3日[木・祝]-6日[日]よみうり大手町ホール昨年のちょうどいまくらいの時季に公演があったの…

羊と鋼の森

なぜだか心が騒いだ。ふだんならほとんど気にも留めない書店の、おすすめというのか・・・・・・表紙絵と、タイトル。羊と鋼って、やわらかいものとかたいものの対比、だろうか、それにしても森って??クエスチョンを飛ばしつつ羊が点々とみえるその絵に引…

薔薇と太陽

KinKi Kidsの新曲、かな?家人が教えてくれて、歌番組を観た。まさにその場面に駆け込み、だったのであっという間に終わっちゃった感も。久々にKinKiの二人みたのは嬉しかった。薔薇と太陽って並べると光の象徴のようなはなやかだね。。。。憧…

森のなかにいきる

どこで観たんだろうふっと視界にはいってきて森だ土を踏む 感触鳥のこえ風のささめき緑の匂いここはいのちに たくさんの恵みをもたらす場処地球はひとつの おおきな森なのかもしれない私たちは ここに棲む生きものさまざまな彩りのなかで 自然科学 ブログラ…

大地の女神

いつか観た あおそれは 突如 そらからおりてきた**人の手がはいっているから 正しくは天然 とはいわないのかもしれないけれど自然のなかから生まれたものが素となりかたちづくられた石 そして 人もこの世界の一部だとするなら天からの あるいは地からの授…

どちらかわからぬほど

詩や文章のなかに自身を投影するものをみることはあるかもしれないただ 君は少し 違っていた一見するとまったく逆の要素ばかりにみえるのにその実 ふとした瞬間はっとするほど自分を観るようなところがあってそれが何処か恐ろしくもあり 懐かしくもあり不可…

。。ありがとう。。

さくら ひとひらてのひらにあれからかたみのごとく まもりとしおゆるしくださいあなたをおもうひとときを精いっぱいの 感謝いのりをこめわたしはここに いきる 〈ゆずりはの書籍にまつわる記事とLink〉☆『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍についてhttp:/…

天使猫 -宮澤賢治の生き方-

本日は、舞台公演のお知らせです。 ご案内をいただいていたので書こうと思いながら、ぴりっとしませんでした。 オフィス3○○公演 渡辺えりさんの作・演出『天使猫 -宮澤賢治の生き方- 』初演は2012年、東北出身の渡辺えりさんが震災後初めて描きおろし…

黄金の旅路

響きのいい題名だと思いませんか? 例によって書籍ですが(笑)実際には購入できていないので、詳しいお話しにはならないのですが、ある競走馬について書かれたものです。ステイゴールドという馬。 現役時代を記憶しているかたもおられるでしょう。 私はひと…

閑 - しずか -

だれもいない場処で木々のささめき 空氣のゆらぎ鳥の声を 緑のにおいを感じて風が 吹き抜けるせめて そんな時空をじぶんのなかに〈楪の本:関連〉『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍についてhttp://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.…

あなたのこころ わたしのこころ

日々を生きていると ふと 立ち止まってゆれてしまうときがある心を決めて けんめいに歩んでいてもまよってしまうことって ありますよねそんなとき どうしていますかわたしは すっぽりはまってしまいしばらく抜けなくなること ありますが結局は戻ってくるとこ…

オオカミの魂

・・・蝉の声が聴こえはじめています、季節は移っているかな・・・** 新聞の書評のコーナーでちらと見たのがはじまり、なんとなく、「オオカミってどんな生き物なんだろう?」で調べてみて実際に購入した一冊。いま、読んでいます。おわってから書こうかな…

桜のおはなし

ひさしぶりに心が動いて 雑誌を買ったすると そこにさくらのことが載っていていまだと時季 はずれちゃってるけどなんだかとてもうれしかったんだ ちょうどね すこし前に山桜のペンダントが届いたばかりだったしさくらの精霊さんが さらにおくりものをくださ…

ゆら ゆら

こんばんは このごろ 樹木をみると ふうっと同化したくなっちゃうというか あいさつだけではすまなくなってしまいそう。。。。意識がなんだか そら とか うみ とかに向かって たゆたう感触でいっぱいになってますいろんなことがあって 更新がしづらくなるか…

新春発→くりめぼん行

年が明け、少しずつ動き始めております。 しかしなかなか思うように動けてないかな・・・ 調子がよくない、というのとは違う感じなので・・・うーん、あせらずにことこと(煮る?) 雪になることもふえてきましたね。できるだけ、あたたかくしておすごしくだ…

☆まっすぐであること☆

いまここに必要なメッセージをおねがいします ということで、ダイアナ・クーパーさんのユニコーンカードです。 いつも書いてる気もしますが、このカードリーディングは私の解釈で、直感的なことばを書いています。なので、内容を見てぴんとこられるかたはそ…

ふわりと

そろそろ来年の、いろんな準備しなくっちゃなあと、手帖を探しに行きました。 ・・・あまりに数がありすぎて、年々選び方が淡白(?)になってきてるような・・・ というか、シリーズ固定できなくなってから種類みていくと、ビジネス的に堅苦しいのは面白み…

ながれる

あなたはいま どこにいるのなにかにおびえて うずくまっていないかなきもちに ふたをしなくていいんだよ感じるってことはあなたがまっすぐ生きようとしていのちを大切におもってる証拠ちからを抜いてごらんのぞむものを描いてねがうことをきいてみる思考のわ…

胎児の世界

生まれ来る命、生命について、思うことが多くなった・・・ 胎内記憶、だったり、人生の青写真のことがあったり。 子どもが親を選んで生まれてくるという話も気にしつつ。 ・・・この前、美輪さんの本を読み返していたら、無意識に流れる涙は前世の記憶、もし…

MYSTERY

ダイアナ・クーパーさんのユニコーンカード メッセージをお願いしました。 ☆THE CHRIST Open the door to the Kingdom of Heaven. キリスト、・・・イエス様ですね。一枚のカードをすっと引くと、神々しいお姿がみ…

Calla

すっかりみどりの季節ですね。 天候がくるくる変わってはっきりしないと思っても、自然界は確実に動いている・・・ 枝だけになっている木々もあっという間に葉がにょきにょきわさわさ。そうした光景をみると、同じようにここで生きている自分もなんとなく嬉…