いのち あきらめない

あきらめる、ことが必要なときはある。
でもやはり、容易にあきらめてはならないこともある。

かつて私はあきらめてばかりだった。
こだわることはよくない、という見方もあるが、
あまりにも淡白すぎるのはどうだろう?

総じて熱さのない人間のようだったから、
冷めている、と思われても仕方ない。
それでも大事にしていない訳でも、
どうでもいいと投げているのでもないのだ。

ただ、どうあらわせばいいのかを知らないだけで。

もうすこし、こうしていれば・・・
それができずに悔やんだことが幾度あったろう?
ぼろぼろになって動かぬからだを横たえ、
こころすら壊れかけたことも一度や二度じゃない。

けれど私はここにいる。
自分の意志のみではなく、何かに生かされている?
理解不能な不思議さを感じてから数十年がたつ。

2010年の私は、プラスやマイナスはともかく、
かなり変容を余儀なくされたと感じた。
耐えがたい痛みに、いったいどうなるのか不安だった。
そんなとき、しばらく手にしていなかった、
葉祥明さんの本を読んだ。

『いのち あきらめない』

何かを感じて、根源を探るとしても
さまざまなアプローチ法があり、
次への道も、人によって異なる。
そして、伝える手法も・・・

私には葉さんのような伝え方は
むつかしいかもしれない。
けれど、伝えようとすることはできる。
そのために「書く」ことを選び、
ひとつの手段でここに書いている。

くるしみやかなしみがあるのは、
生きている証だとしった。
だからそれをゼロにはしがたいとは思う。
だけどそれを和らげられるのは、
癒すことができるのは、
自分自身にほかならない。
人に寄り添うことで、
自然にゆだねることで、
時間にたゆたうことで。

選ぶのが自分でなければ意味がない。

人はどうしても結論を急いでしまうけど、
そんなに答えって簡単に出るかい?
テストの五択のようにはいかないさ。

私も同じだ。
ぐるぐるじりじりやりながら、
ここまで来たのだから。
時が「今」とはちがう道へ
連れていくかもしれない。
異なる状況をもたらすかもしれない。
たしかに、時流や時勢って
あるのやもしれんが、
自分にとっての「その時」があるものだと、
近年は感じている。

正しいか正しくないか、
できるかできないか、
それは保証されるものじゃないが、
やらなければ確率なんぞあがりゃしない。

急ぐときほど深呼吸をしてみよう。
みんなが行くなら、ちょっぴりあまのじゃくになってみるのも
面白くないか?

葉さんの言葉はたくさんの人が
ているだろう
まだなら、これから読んでみてください。
私はここと、物語で言葉を伝えるしかないけれど、
よかったら読んでみてほしい。
『君はそれ以上』(文芸社)は、大切なひとを、想いを、
描きながら紡いだ織物だから・・・・・・

いのちは、自分のものであってそうでないものかもしれない。
何より自分のために生き、そして誰かのために。
決してつよくなどない私だけど、なんとか、どうにか、
生き抜かなくてはならないと、日々精進している。

どうか、いそがないで
はやまらないで
いのちを、あきらめないで
いてほしい