ゆずりは -新生ー

あなたは 誰

 

どこから来たの

 

 

しらないことを たくさん抱え

 

あるとき わたしは

 

ゆずりは になった

 

 

なぜ その名 なのか

 

特にさがしたわけじゃなく

 

ふいにあらわれ

 

 

 

書き方 描き方

 

 

譲る 葉

 

弓の つる

 

波 や 流

 

 

あとになると

 

すべてに意思があり

 

 

うまれかわり

 

ながれをつくる

 

なみのおと いのち

 

的を射る

 

 

だからこその

 

ゆづるは

 

 

 

楪 の 確信

 

 

あお を 包んでいたかった

 

そうして

 

木々のたおやかさを

 

 

 

あい で あれるよう

 

 

 

 

いたみがあるから

 

きずがあるから

 

わかることがいっぱい

 

 

よわさも こわさも すてたくない

 

それは

 

かなしみをいきるじぶんを

 

なかったことにしてしまう

 

 

 

 

 

あなたに出逢うため

 

 

あなたと 愛を育むため

 

 

魂を

 

この地球で

 

さまざまに織りなし

 

ほほえみの未来へ向かうために

 

いのりと ともに

 

わたしはここにある

 

 

 

 

「お前、さ、・・・・・・神様って、いると思うか?」

「えっ?」

「・・・・・・大和さんが、言ってたんだ。オレとお前は、もともと“ひとり”だったんだ・・・・・・って。けど、ひとりに全部背負わせるのはつらすぎる。だから神様が“ふたり”にしたんだって」

「でも、オレは・・・・・・!」

「うれしかったんだぜ、オレ。その話聞いてさ・・・・・・オレが生きてる意味、ちゃんとあるんだ・・・・・・って・・・・・・」

 

  『君はそれ以上~出逢い』 存在理由 より

 

 

           あなたがいるから わたしがいる

 

 

 

Φ ゆずりはの本 Φ

 

 ∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞(詳細ページへ移ります)
 http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

 ∞『僕のたからもの』  IOS版∞
 http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

 

 ∞変わらぬ想い∞

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

 

 

 

 あなたの人生の何処かで、彼らといっしょに

 お会いできたら嬉しく思います。

 

 来てくださってありがとう。

 

 

 

 

ブログ村 こころの風景

 

~参考~ 

僕のたからもの

僕のたからもの

 

 ※こちらの紙書籍は在庫があります。よろしければおたずねください。

(記事右下の水仙のアイコンより)

 

 

 

ゆずりは虹色ことたま - にほんブログ村

 

 

🌺2020年9月30日 いのちをいつくしむ🌺


骨髄バンク応援メッセージ動画 「ツナガル、イノチ。」

なみだつときは

とてつもなくしんどい

なにかしようとおもうのに てにつかない

 

なんでなんで

 

からだがすごくだるい

きもちがついてこない

 

あたまが あしがさけんでる

とまってとまって

でないとくずれおちる

おっきなけがにつながる

 

がけっぷちからはなれろ

そおっとそうっと

いっぽいっぽ

みちはべつにある

なけりゃつくればいい

 

わかんなかったらころがってみるのもいって

 

ぎゅうぎゅうにしばってるのはだれ?

 

そのかんがえ ちょっとほうってみたらどう?

 

ほんとうにひつようか

しなくてよくないか

それでてんちがひっくりかえるか

 

どうにかしなきゃ は

どうもせんでいいしるし かもしれん

 

よくいわれるっしょ

 

「おしてだめならひいてみな」

 

🍀あらためてよみかえしてみました

 

 私はひところ、「抜力」という字を家の中のあちこちに書いて貼っていました。つまり考えごとをしたりするときは、必ず息をつめているんですね。ところがその字がフッと見えますと、フーッと息を抜ける。そのときに、力を抜く練習をするわけです。おやすみになるときも、寝床に入ってからなさってください。そういう訓練を何度も何度もやると、背筋はまっすぐでいながら、息をスーッと抜くことができるようになります。

『ほほえみの首飾り』

 

だつりょく

 

だらだら~~ 

 

ぼーー

 

そうして ことのはをかいてみる

 

 

ゆるゆる ふよふよ

 

かさかさかさかさ

(ふでとかみのこすれるおと)

 

自分の仏性というものを取り戻し 

美輪さんの仰る ほほえみの名取りになれるよう。。。

 

 道ばたに咲いている小さな花に、
「元気ですか?」
 って、声をかけてみると、
 必ず「元気だよ。あなたも元気そうだね」って、
 返事が返ってきます。
 もちろん、耳には聞こえない心の声でですよ。
 イルカも人間も花もみんな同じいのちです。
 いのちといのちが仲良く生きるって、僕は最高の幸せだと思います。

『イルカみたいに生きてみよう』

 

🌸「よむ」→「かく」→「えがく」 ささやかに

 

おといあわせなどありましたら みぎの すいせんのはなからどうぞヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

とくいなこと にがてなこと いろいろ

 

 

おたがいをささえあい

 

みんな ひとつひとつのはなをさかせてゆけるせかいを

もうひとつのウルトラマンの姿

どうやら話題になって数年超みたいですがもうじき公開

shin-ultraman.jp

 

私は昨年あたりに公式サイトを発見したのだっけ??

 

ちょっぴり複雑な気持で見てましたがそうこうしてるうちに公開日が決まり、

その日が迫ってくるとなると久しぶりに映画館に行こうかな、なんて。

 

成田亨さんのウルトラマンへの情熱がどこまで反映されているだろう

 

特撮ってものすごい芸術だなと感じていて成田さんにまつわる話に詳しくはないけど

以前、作品展拝見したときは度肝を抜かれてしまい鑑賞(観照?)時間がべらぼうに

 

入場してから出てくるまであれほど時間がかかったのはたぶん、初めてだったんじゃ

ないかと。しかも相当へとへとになってたし。

 

なんだか離れがたかったですね、ずっと観ていたいというか・・・

 

 

いま描かれる〈時代〉、描く人が異なる〈作風など〉、そこに佇む人々〈俳優さん〉、

それらが昔とは違うからある意味まったく別の作品ととらえるか、こういう世界も

あるのかもと可能性としてのパラレルワールドを観るのか

 

誰かのファンでもないのでためらいがち、ただ西島秀俊さんや田中哲司さんには少々

アンテナ反応中、あくまで個人的な感覚だとわりあいキャラの濃そうな方々(すみま

せん)が名を連ねてません!?そのあたりに面白さもあるんか。

 

どなたの立ち位置に近くなるかな・・・怖さもありつつ。

 

長澤まさみさんにも注目してみたい。

 

 

宇宙のなかの地球、その星に生きる命たち、

ウルトラマンにとっての地球はどんな存在なんだろう

 

彼はいったい『人間』をどう感じているのだろうか?

 

 

人間同士でも理解しあうことはむつかしい

 

それでも ともにあることができるならどんなにか

 

「……貴様、あの『人間』に心を移したな」

    『君はそれ以上~出逢い』  紅焰


           なにかが変わる刹那

           惹きあうのは魂か

 

 

かつて ウルトラマンのようにありたいと願ったことがあった


戦いのために力を欲したのではなく
力による君のくるしみが少しでも軽くなるのなら


それがどれほど愚かなことかわかっていても
君のかなしみが忍びなく

涙は私に宿り いつしか

君の笑顔が私の笑顔になった

 

 

にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村

 

 

🌷手を繋ぎ 命を繋ぐ

www.ashinaga.org

 

www.heso-pro.com

◎本プロジェクト商品の売上金の20%は「日本赤十字社」に寄付されます

 


演劇緊急支援プロジェクト

 

 

☆演じる といえども 真(心)がなければ意味がない

 生身の人間だからこそ成立する時空 刹那にすべては凝縮され

 同じ呼吸は二度とない

 ・・・自分のことをのぞかれてるみたいに怖くなったことが何度もある、
 なのに観たあとにはぼろぼろだったはずの自己が少しずつ再生していて
 もうちょっとがんばれるかもしれん、なんて感じてた。重い体を引きずって
 まで行こうと思える舞台、これがなくなったら自身の一部が損傷したのと
 変わらない・・・

 わたしは おかげでことのはを摑んだから

 

 

三寒四温から天候は動いているのか、とはいえ自然界はさまざまなゆらぎの時季に

ありそうです、どうかまずはご自身をねぎらい、そこからまわりを大切になさって

くださいね。

 

わたしもできるかぎりそのように努めます。

 

ここまで読んでくださり有り難う。

 

いのちの脈動を止めないで

かなしみ いたみ くるしみ

 

くやしさ もどかしさ はがゆさ

 

おそれ 不安 息苦しい

 

 

ふりかえる かえりみる たちどまる

 

 

すれちがい せめぎあい むせびなき

 

手をつなぐ 歩む 駈ける

 

たいせつな だいすきな

 

いとしさ うつくしさ やはらかさ

 

 

なみだ ぬくもり 光

 

 

生きる 活かす

 

まもりたい ともにありたい

 

ただひたすらに命をまっとうしたい

 

 

願い 祈り 求む

 

 

拳ではなく包みこむ掌をみつめて

 

 


www.youtube.com

 

 

 プランターの中に咲くヒマワリの花は、そっと寄り添うように風にゆれていた。

         『僕のたからもの』  オルゴール

 

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

私のなかの「ゆずりは」

わたしの推し

 

 

大好きなひとに〝だいすき〟 と伝えることさえむつかしかった私

 

 

歌にできたらいいな

 

絵を 描けたら

 

 

自分の外の おっきな世界に出ることも恐ろしく

さまざまな呪縛からは逃れられないと感じてた

 

 

 

 

ことばを紡ぎはじめたのはいつだったろう

 

 

手探りで なにかを語る かたちにする

だれかとはなす 交流する 投げかける

 

時空をこえ いつしか

辿り着くことをあきらめた場処に立ち

 

驚くほどの拡大を

 

 

 

あなたは私

 

 

知らずいっしょに育ち やがて

 

物語を奏で 想像すらしなかった宇宙を泳いでる

 

 

ことのは は 光 ことのは は 希望

 

 

 

詩の定義がどうあろうと

詩ふ者でありたし

 

愛しらぬとも

愛詠む人なりて

 

たとえ おかしな奴とあざけられようと

私はともに生きてゆく

 

 

 

 

 

ゆずりは」の存在を受けとめ 支えてくださるあらゆるものへ

 

感謝とほほえみを風にのせて

 

 

 

💐大切なあなたにことのはの花束を

 

 

 

「私はただ、この世界を護らなければならないという大義名分のために、彼らを巻き込んでしまっただけなのかもしれません。武士も翔も蒼一も、皆それぞれにさまざまな想いをかかえていたことも考えずに」

(中略)

「わたしは好きですよ、大和さんのこと」
「・・・・・・えっ?」
「みんな、同じなんだと思います。大和さんが大義名分にしばられてるひとじゃないって分かってるからここに来るんです。・・・・・・あなたがいるから」
 きっとお互いを必要として。
「ここは、みんなの還る場処なんです」

           『君はそれ以上~出逢い』

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

 

科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

 

 

youtu.be

 

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

 

ただいまメンテナンス中です 2021→2022

どうにか2021年を越え2022年を迎えております。

 

昨年は読者登録やブックマーク、コメントやご訪問をいただきまして

まことに有り難うございました。

 

 

月に一度の更新が精いっぱいになってしまい、本音としてはもう少し

お話しの機会をつくりたいのですが、前年しばらくぶりに精神面の不調に

悩まされたりもしましたため、さらにゆるやかな歩みとなるやもしれません。

 

波はありつつも着実な一歩を、とのおもいで進んでまいります。

 

とことこいくのか、のしのしなのか、あるいはぺたりぺたり、であるか

テンポは謎にみちますが・・・いづこかのタイミングで路が交わったら

嬉しいです。

 

 

年の瀬は定期検診などもあり落ち着きませんでしたけれども状態として

問題はなかったようでひと安心。数年ぶりでさすがに検診受けるか、と

向かった歯医者さんでは不具合とまではいかないものの「もうちょっと

こうしたほうが」のご指導が・・・(昔の感覚ではいかんのだね)

少しばかりの治療もありました、はい。子供じゃあるまいし情けなくも

毎度緊張しちゃって歯医者さん怖いよ~!な私(汗)

 

めんどくさがらずに自分自身は大切にしたほうが良いですね。そうしたら

他者を尊重することにもなる・・・観えてくる景色、変わるんじゃないかなって。

 

 「大きくて、あたたかい手。……貴方はこの手で愛しいひとたちを包みこむ

 ことができる」

       『君はそれ以上~出逢い』

 

    あなたの手のぬくもりを感じたとき

 

    生きているいのちを よろこびを

 

    魂から観じていました

 

    だからこそ さまざまな意味で

 

    この手を 希望を

 

    愛をつないでゆけるひとでありたいと

 

 

 

僕のたからもの (creatorsworld.net)

電子書籍

 

2022年が いのちの花 さきわふ時空でありますように

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

 

🌷手を繋ぎ 命を繋ぐ

www.ashinaga.org

 

www.heso-pro.com

◎本プロジェクト商品の売上金の20%は「日本赤十字社」に寄付されます

 


演劇緊急支援プロジェクト

 

 

☆演じる といえども 真(心)がなければ意味がない

 生身の人間だからこそ成立する時空 刹那にすべては凝縮され

 同じ呼吸は二度とない

 ・・・自分のことをのぞかれてるみたいに怖くなったことが何度もある、
 なのに観たあとにはぼろぼろだったはずの自己が少しずつ再生していて
 もうちょっとがんばれるかもしれん、なんて感じてた。重い体を引きずって
 まで行こうと思える舞台、これがなくなったら自身の一部が損傷したのと
 変わらない・・・

 わたしは おかげでことのはを摑んだから

 

◎本のこと、その他なにかありましたら右隅水仙のアイコンよりお声かけください。

 

寂聴さんに、あいたかった

たぶん 美輪さんの著書がきっかけで寂聴さんに辿り着いたのだな

 

対談でのお二人のやりとりが印象的で

人としてどっかり腰を据え

あらゆる世界を観ておられるような

 

 

 

 

生きてこられた歴史を振り返るとその重みに少々のことでは

私なぞ太刀打ちできないから なかなか小説なども手にできぬまま

 

時折 週刊誌の講話を拝見することだけが

寂聴さんとの接点で かすかに距離を縮めることだった

 

 

雲の上の人

 

そう意識しつつも どこか近しい感覚もあり

なんの根拠もないけれどお目にかかれる気がしていました

 

でも

 

それはもう かなうことはないんだね

 

 

臆病で よわい

 

 

おろかで じたばたして つよくはないのだとしても

 

自分自身を見つめながら ていねいに生きて

ささやかにいのちを他者と活かしあい

人間らしさを忘れずにいられたら

 

 

 

愛することを あきらめたくないから

 

 

僕のたからもの (creatorsworld.net)

電子書籍

 

🌷手を繋ぎ 命を繋ぐ

www.ashinaga.org

 

www.heso-pro.com

◎本プロジェクト商品の売上金の20%は「日本赤十字社」に寄付されます

 


演劇緊急支援プロジェクト

 

 

☆演じる といえども 真(心)がなければ意味がない

 生身の人間だからこそ成立する時空 刹那にすべては凝縮され

 同じ呼吸は二度とない

 ・・・自分のことをのぞかれてるみたいに怖くなったことが何度もある、
 なのに観たあとにはぼろぼろだったはずの自己が少しずつ再生していて
 もうちょっとがんばれるかもしれん、なんて感じてた。重い体を引きずって
 まで行こうと思える舞台、これがなくなったら自身の一部が損傷したのと
 変わらない・・・

 わたしは おかげでことのはを摑んだから

 

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

 

 

〈人を信じること、夢や希望をもつことは決してカッコ悪いことじゃない。もし人が信じることや夢見ることをやめてしまったら、人は人でなくなってしまう。生きていくってそんなにカッコいいことばかりじゃない。でも、〝生きてる〟ってそれだけでもすごいことなんだと思う。人はひとりでは生きてはいけない。カッコ悪い自分、弱さとかもろさとかそういった部分をさらけ出せる相手がいることがとても大切で、何より幸せなことだと感じています〉

        『僕のたからもの』  楪 蒼朋

 

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

はてな4/10・10の質問に潜る

少し前からほかのかたの記事で目にしていた10の質問。

 

イムリーに書けるかどうかと思いつつ。

ぽつりぽつり書いてみるか・・・まずは挑戦。

 

ちなみに私は、はてな在籍5年目に入ったところです。

(最初の)ブログ開始からだと14年、経ってるかな?ではでは。

 

 

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問

其の一)ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

以前書いていたココログでは「ゆずりはのこころ日和」としていたのですが、

はてなで描くにあたってさまざまな色あいが出せるよう願い『虹色ことたま』へ。

ハンドルネームは筆名・雅号『楪 蒼朋』~ゆずりは そうほう~より。

 

其の二)はてなブログを始めたきっかけは?

なんとなく違和感をおぼえるようになってどこか別の場処で描いたほうが良いかもと

ブログの比較検討をはじめました。基本は文字、なので書きやすく読みやすい様式を

求め、メカ音痴の自分でも使いやすさを、と考えていたときにはてな、で書かれた

記事を。すっきりとした印象があり、はてなのブログへのスタンスなどを拝見して

自身のなかですとんと腑に落ちた、のがきっかけだったと。

 

其の三)自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

ひとつひとつおもいはあるので明確にこれ、と示せるものは・・・

ただ、いまあえて挙げるのであれば

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

この数年のうちのふたつ。

自分自身への呼びかけであるとともに、誰かが共振共鳴する部分があるだろうかと。

 

其の四)ブログを書きたくなるのはどんなとき?

なんとかして氣持ちを伝えたい、どうしても届けたいと祈りが湧き上がってくるとき、

自己の中心(中真)・核へ戻ってゆくとき、立ち位置を確認する作業が必要となるとき

 

其の五)下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

今はないです。

 

其の六)自分の記事を読み返すことはある?

書きながら読んで「おや?」と感じたら修正、ある程度形がととのってから

全体を見通す。勢いで書いていると表現がでこぼこになっていたりするので

必ず読み返します(勢いをそのままのこす場合もありますが)。また、過去記事も

ふとした時に日常に関わってくることがあり、関連記事を付加することがあるため、

脳内でナレーションをするように音声をひろいます。

 

其の七)好きなはてなブロガーは?

ブログ自体、なかなか拝見できてません、ごめんなさい。

そんな事情で特定のブロガーのかたのおなまえは書けないのですけれど、

不思議と時々の氣持ちにそった内容にめぐりあう確率は高いと感じます。

はてな、ならではなのかな?いろんな記事に、感謝です。

 

其の八)はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

10周年なのですね・・・おめでとうございます。

この時季に此処にいられて、なんだか嬉しいです。まだまだおっかなびっくりで

運営しており、たくさんのことができているとはいえないですが、自分なりの

世界観を構築しさまざまにひらいてゆけたらとおもっています。・・・機械にうとい、

のであんまり機能が進みすぎない、ことだけを祈りつつ。

 

其の九)10年前は何してた?

東日本大震災の直後から個人単位でなにができるんだろうと模索してました。

しばらく経った頃、震災の影響を受けた地域を旅することも支援につながるとの

意見をうかがって(当時)交流のあったかたのもとをはじめて訪問しました。

 

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

※2011年の記事の一部です(ココログ時に書いていたもの)

 

其の十)この10年を一言でまとめると?

めまぐるしい日々のなか価値観が揺さぶられたり心身が硬直することが生じたり。

それでも、なにかの科白にあった「折れたり曲がったり」しながら生きのびてきた

のかもしれません。つよくなれたかはわからない、よわいなりの生き方や歩き方が

あってどうにかこうにか、あまたの助力のおかげでここまで来ました。

ameblo.jp

◎アンテナが反応したときにこちらも書いてます

 

これまでに出版した書籍については在庫がありますので、よろしければ

お問い合わせください。右隅の水仙のアイコンが入り口です。

 

 

 

 

読者登録や訪問いただき、ブックマークやコメントをくださり

ほんとうにありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。

 

より多くの場面でお目にかかれるのを楽しみにしております。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

自然科学 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

 

生きていくってそんなにカッコいいことばかりじゃない。
でも、〝生きてる〟ってそれだけでもすごいことなんだと思う。

        『僕のたからもの』

 

「大きくて、あたたかい手。……貴方はこの手で愛しいひとたちを

包みこむことができる」

        『君はそれ以上~出逢い』