ゆずりは -新生ー

あなたは 誰

 

どこから来たの

 

 

しらないことを たくさん抱え

 

あるとき わたしは

 

ゆずりは になった

 

 

なぜ その名 なのか

 

特にさがしたわけじゃなく

 

ふいにあらわれ

 

 

 

書き方 描き方

 

 

譲る 葉

 

弓の つる

 

波 や 流

 

 

あとになると

 

すべてに意思があり

 

 

うまれかわり

 

ながれをつくる

 

なみのおと いのち

 

的を射る

 

 

だからこその

 

ゆづるは

 

 

 

楪 の 確信

 

 

あお を 包んでいたかった

 

そうして

 

木々のたおやかさを

 

 

 

あい で あれるよう

 

 

 

 

いたみがあるから

 

きずがあるから

 

わかることがいっぱい

 

 

よわさも こわさも すてたくない

 

それは

 

かなしみをいきるじぶんを

 

なかったことにしてしまう

 

 

 

 

 

あなたに出逢うため

 

 

あなたと 愛を育むため

 

 

魂を

 

この地球で

 

さまざまに織りなし

 

ほほえみの未来へ向かうために

 

いのりと ともに

 

わたしはここにある

 

 

 

 

「お前、さ、・・・・・・神様って、いると思うか?」

「えっ?」

「・・・・・・大和さんが、言ってたんだ。オレとお前は、もともと“ひとり”だったんだ・・・・・・って。けど、ひとりに全部背負わせるのはつらすぎる。だから神様が“ふたり”にしたんだって」

「でも、オレは・・・・・・!」

「うれしかったんだぜ、オレ。その話聞いてさ・・・・・・オレが生きてる意味、ちゃんとあるんだ・・・・・・って・・・・・・」

 

  『君はそれ以上~出逢い』 存在理由 より

 

 

           あなたがいるから わたしがいる

 

 

 

Φ ゆずりはの本 Φ

 

 ∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞(詳細ページへ移ります)
 http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

 ∞『僕のたからもの』  IOS版∞
 http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

 

 ∞変わらぬ想い∞

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

 

 

 

 あなたの人生の何処かで、彼らといっしょに

 お会いできたら嬉しく思います。

 

 来てくださってありがとう。

 

 

 

 

ブログ村 こころの風景

 

~参考~ 

僕のたからもの

僕のたからもの

 

 ※こちらの紙書籍は在庫があります。よろしければおたずねください。

(記事右下の水仙のアイコンより)

 

 

ゆずりは虹色ことたま ∞いのち∞ 楪 蒼朋...|メモリーボード

 

ゆずりは虹色ことたま - にほんブログ村

 

 

🌺2020年9月30日 いのちをいつくしむ🌺


骨髄バンク応援メッセージ動画 「ツナガル、イノチ。」

神仏は天地人とともに

 ご神託、いわゆる読み解きで何を用いるのか、いろんな手法がありますよね。

 

さまざまにオラクルカードを使ってリーディングを公開したり開示されたり

するかたもおられるし、あくまで自分自身に問いかける意図のかたも。

 

個人で制作されて取り扱っているカードも含めるとかなりの数になりそうですが…

 

わたしはといえば。

 

どちらかというと後者、あまりなじませるまでいってなくて

徐々にふれて対話できたらいいな、と。

 

選ぶの、意外と大変です。

 

人気どころのシリーズも試してはみたものの、直観的に違う、と感じた通り

手放すことに。

 

大きさ、絵柄、形、・・・なんだろう、理由はそれぞれで異なるんだけど

綺麗すぎてもかわいすぎてもだめなのか、生々しい?色使いとかも苦手・・・

 

ひとの美意識やどんなものを可愛いとおもうのかなんかもちがってきますね。

 

結局、抽象画のほうがいいんかそれとも(不明)

 こちらの神仏カードはしばらく前から氣になっていました。

 

どことなくいままで観てきたカードと一線を画すように感じられたので。

 

 

しかしながら、ある程度「使える」ひとを対象にしていると読めたため立ち止まる。

 

 

そうして、自分しだいか、と思い直しつつ。

 

このまま入手しないのも悔いがのこりそうなんで・・・

さて、どうする?

 

 

 

書きながら考えてたんですけど、ご神託とすると

おみくじのとらえかたに似てるのかなって。

 

昔は書かれた内容に一喜一憂してるとこあった、今は。

毎分毎秒運氣と呼ばれるものが動いてるならこの瞬間の中身で決まる訳じゃない。

通過点ととらえて前を向く、あるいは土台にその内容があるとして色々な道や

展開があって然るべき、なので、そこから先は自身で創造(想像)していける。

 

つまりはカードも、作ったかたの意識が別のところにあったとして

読み取る、詠み顕すのはそれを手にする、視(観)ようとするひとの数だけ

あっていい。

(もちろん、カードについての講座・講習などで深く掘り下げるのもありだと)

 

 

 

信仰において神道と仏教の関係、どんなだろうと漠然としてるから深さを識る

手掛かりになればと思っています。知っているとはいえない、それでも近くに

感じだしているのは確かですし。

 

人間も自然の一部だから…その意味では神仏もすべてで繋がっている…

 

霊感あるとかじゃなくても、じいちゃんばあちゃんたち(ご先祖さん)のエネルギー

届くことあるよねって、たまにわけもなく破顔しちゃうわたしです( ´艸`)

 

君はそれ以上~出逢い

君はそれ以上~出逢い

  • 作者:楪 蒼朋
  • 発売日: 2009/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 神も鬼も 視えない 観ようとしなければ氣づけない

光のない時空で望みをうしないながら なおも求めたもの

人を 遠ざけてしまうことはできなかった

みえないけれど こころって たしかにあるよね

ほんとうの想いは もしかしたら誰にもわからないのかもしれない

だけど いまある この氣持ちをなかったことにはできないから

 

いつわらずに命をいきる 手立てを探り

祈りをことのはへ託しものがたりにしました

 

わたしのかたち 自己をあらわす 最期の砦

 

もしもなにか質問などありましたら右隅の水仙のアイコンよりお入りください💐

よろしくお願いします。

readyfor.jp

介助犬に関するクラウドファンディングです🍀5月31日(月)まで

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

 

🌷手を繋ぎ 命を繋ぐ

www.ashinaga.org

 

www.heso-pro.com

◎本プロジェクト商品の売上金の20%は「日本赤十字社」に寄付されます

 


演劇緊急支援プロジェクト

 

 

☆演じる といえども 真(心)がなければ意味がない

 生身の人間だからこそ成立する時空 刹那にすべては凝縮され

 同じ呼吸は二度とない

 ・・・自分のことをのぞかれてるみたいに怖くなったことが何度もある、
 なのに観たあとにはぼろぼろだったはずの自己が少しずつ再生していて
 もうちょっとがんばれるかもしれん、なんて感じてた。重い体を引きずって
 まで行こうと思える舞台、これがなくなったら自身の一部が損傷したのと
 変わらない・・・

 わたしは おかげでことのはを摑んだから

 

∞『僕のたからもの』  IOS版∞
 https://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

 

 

「大きくて、あたたかい手。・・・・・・貴方はこの手で愛しいひとたちを包みこむことができる」

        『君はそれ以上~出逢い』より

 

 

まもられている あなたの手は きっとだれかをまもってる

 

 

 

 

みほとけの如くうつくしき

 

特撮の原点はゴジラだったと思う。はたしてきょうだいの影響だったのか、

それとも??どの時点か不明ながらゴジラを単にフィクションと捉えにくくなり

怪獣に対しても複雑なものをいだくように。

 

ウルトラマンは、いつの頃からか心象風景になじんでいた。

あんまり記憶ないけどぼんやりと、なんでウルトラマンは地球を守ってくれるのか、

とかピグモンみたいな怪獣さんもいるんだと、せつなくなってしまったことも…

 

感覚としてはウルトラマンって何処かにいる氣が。

(宇宙や銀河系で知られてない領域はまだまだあるんでひょっとしたらそういう存在

ありなんじゃないかと)

 

 

たしか『ウルトラマンガイア』が放送される前後って世紀末だからなんらかの

大きな変動があるんだとか言われてた時期だったんじゃなかったか

 

ガイア理論、というのか地球そのものをひとつの生命体としてとらえる、

そうした説や関連の本に、妙に引っ張られていた記憶があります。

 

作品とのであいも不思議な感触でしたね。

 

いくつかの偶然がなければ辿り着くことはなかった、凄く印象深い

一瞬が刻まれてたんだな、意識のずうっと奥底に。

 

 

ガイアが神様の名だというのもあったかと、何故か今まででいちばん

ウルトラマンが美しいと感じて……本来、ウルトラマン自体の表情が

変わることはないのにふとした刹那の風情に

 

地球のウルトラマンとしての人間の情感をまとう

 

かなしみが入り混じると観ずることが、時折ありました。

 

ウルトラマンを世に送り出した生みの親であるデザイナーさんの矜恃をみるような……

たしか如来さまや菩薩さまが意識の源にあるのですね。

 

どこかの特集記事を読んだとき、「そうか」と腑に落ちました。

 

 

傷つけずにすむのならそうしたい、けれどもそれではすまされない状況が発生したら。

 

 

ガイア世界ではウルトラマンがふたり、「どうして二人なのか?」と本編中でも

語られていた氣がしますが「一人倒れても、もう一人がいる」…この言葉を

耳にしたとき、やりきれない痛みが…ある部分ではそうなんだろう、頭では理解できる

だけど阿呆でも私はそうではなくて一人で背負いきれぬものを分かち合い、困難と

闘うためにふたりぶんのちからが必要だったのだと

 

葛藤のなか闘っていた我夢と藤宮、そして当時の自分自身。

 

そこに、『君はそれ以上』の時空が視えはじめていた、同時に存在がとらえられて

きていたのかもしれない

 


「灯」「花火のように」/吉岡 毅志

 

昔 作詞と作曲 したことあったけど あまりにしっくりこず

二度と手はつけまいと

 

話せなくなり 音もとれなくなり 読み書きもおぼつかなくなった

 

あれからどうやってここまできたのか

 

ことのは つかみだしてから ちょっぴり作詩もどき曲をつけたことがあった

全然うまくない でも たいせつな

 

音楽 きらいになれなかった理由のひとつに

吉岡毅志さんの存在が たぶん あった と

 

もうずいぶん前の出来事

 

はじめて 毅志さんの歌きいたときに 「えっ」とショックを受けて

 

その後も 自分自身の底にひろがる

暗い海にやはらかな光がさしてくるみたいに

 

時々 おなじものにふれてるのかな なんて

 

 

この先 自分が曲をつくるのかはわからない

ただ ことのはを通して 自身の深みを観照することで音楽へ繋がるなら

 

 

遠ざけてしまった魂にふれたい

 

つたなくても まっさらな私で

 

音を 色を

 

光を取り戻したい

 

 

 

毅志さんのライブに関われるときを祈りつつ

 

「お前、さ、……神様って、いると思うか?」
「えっ?」
「……大和さんが、言ってたんだ。オレとお前は、もともと〝ひとり〟だったんだ……って。けど、ひとりに全部背負わせるのはつらすぎる。だから神様が〝ふたり〟にしたんだって」
「でも、オレは……!」
「うれしかったんだぜ、オレ。その話聞いてさ……オレが生きてる意味、ちゃんとあるんだ……って……」
 必死に、想いを伝えようとする。
「……お前ひとりに、しょわせらんねぇよ」

  『君はそれ以上~出逢い』  存在理由

🌷手を繋ぎ 命を繋ぐ

www.ashinaga.org

 

www.heso-pro.com

◎本プロジェクト商品の売上金の20%は「日本赤十字社」に寄付されます

 


演劇緊急支援プロジェクト

 

 

☆演じる といえども 真(心)がなければ意味がない

 生身の人間だからこそ成立する時空 刹那にすべては凝縮され

 同じ呼吸は二度とない

 ・・・自分のことをのぞかれてるみたいに怖くなったことが何度もある、
 なのに観たあとにはぼろぼろだったはずの自己が少しずつ再生していて
 もうちょっとがんばれるかもしれん、なんて感じてた。重い体を引きずって
 まで行こうと思える舞台、これがなくなったら自身の一部が損傷したのと
 変わらない・・・

 わたしは おかげでことのはを摑んだから

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

🍀ささやかな感謝をこめて、ことのはの花束をお贈りしています(本のプレゼント)
~上の記事後半に詳細がありますので、よかったらお声かけください。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

 

 

ひとつの魂を見送って、自己のルーツにおもいを馳せる。

 

おじやおばも 戦争が影を落とす時代でなかったら

もうすこし生きられたのかな

 

 

であうことのないまま逝ってしまった命

 

その魂の未来に私は生きている。

 

「お前はどうするんだ」
〝もうここにはいられない。でも、翔と武士のことはずっと見てるよ。……だから〟
 決して忘れない、意識は『消滅』してしまったとしても。
〝ふたりのこと、大事にしてね。……あたしには、護れないから〟
 その『声』がとぎれると同時に、はらはらと何かが落ちてくる。
 ……それは季節はずれの、桜の花びら。
 安息の地へ、旅立っていったのだろうか。
「……生まれかわって、また会えるさ」

  『君はそれ以上』より  ひとりじゃない

 

あなたのとなりで生きていたい

月日をかさねるごとに

わたしのなかの あなたが彩られていく

 

 

旅に出ることも あたらしい場処へ行くことも

ひとりじゃこわくてたまらないことも

ふしぎと乗り越えて

 

 

伝えたい

 

 

心音や鼓動に氣づかせたのは あなた だったかもしれない

 

 

 

命をあらわそうとするほど遠ざかり

ことのはが零れおちる

 

でも これだけは

 

 

 

 

 

であってくれて

 

いきてくれて

 

そばにいてくれて

 

 

 

ただただ KISEKIが煌き

ありがとうしかないんだ


KinKi Kids「新しい時代」Music Clip (from O album)

 

 

昨年末にKinKiの新曲、耳にしてました。

 

いい詩だなと、メロディーラインとともに感じるところがあり

印象にのこっていたんだと。いつもながらタイミングが何拍ぶんか

おくれるのだけど嗚呼、アルバム出てたんだ・・・って。

 

しらべてる過程で『新しい時代』のミュージッククリップが視界に、

視聴してるうちふいに涙が。

 

 

いろんなものがさあっと押し寄せちゃったのかな

 

 

アルバムの話題、いくつか読んでいてタイトルとか全体の雰囲氣

じわりときてるんで聴いてみようとおもってます。

 

O album (通常盤) (特典なし)

O album (通常盤) (特典なし)

  • アーティスト:KinKi Kids
  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: CD
 

 

 

君はそれ以上~出逢い

君はそれ以上~出逢い

  • 作者:楪 蒼朋
  • 発売日: 2009/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

これまでの

 

そして これからの

 

めぐりあいに想いを馳せて

 

 

 

 

 

あなたがすきだから

 

 

わたしは物語を描きました

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

🌷手を繋ぎ 命を繋ぐ

www.ashinaga.org

 

www.heso-pro.com

◎本プロジェクト商品の売上金の20%は「日本赤十字社」に寄付されます

 


演劇緊急支援プロジェクト

 

 

☆演じる といえども 真(心)がなければ意味がない

 生身の人間だからこそ成立する時空 刹那にすべては凝縮され

 同じ呼吸は二度とない

 ・・・自分のことをのぞかれてるみたいに怖くなったことが何度もある、
 なのに観たあとにはぼろぼろだったはずの自己が少しずつ再生していて
 もうちょっとがんばれるかもしれん、なんて感じてた。重い体を引きずって
 まで行こうと思える舞台、これがなくなったら自身の一部が損傷したのと
 変わらない・・・

 わたしは おかげでことのはを摑んだから

ameblo.jp

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

 

∞『僕のたからもの』 IOS版∞

    https://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

 

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

 💐ことのはの花束お贈りしています(図書プレゼント)

かみさま

 

今週のお題「鬼」

 

ずっと 待っていた 風が 今 吹いた
まるで やさしい声で 話しかけるように 吹いた

  『風を待って』 Song by Kazumasa Oda

 

 

あなたが わたしには

 

かみさまにみえたみたいに

 

わたしが だれかから

 

かみさまにみえることってあるのかな

 

 

それなら

 

 

みんなが だれかを おもう

 

 

 

やさしさ

 

あったかさをもってたら

 

 

ちきゅうは かみさまでいっぱいになるんだね

 

 

神様のいる街

神様のいる街

  • 作者:吉田 篤弘
  • 発売日: 2018/05/01
  • メディア: 単行本
 

  兄弟姉妹もなく一人で育ち、子供のころから一人で遊んで、一人で考えて、一人で読んだり書いたりしてきた。一人で食事をするのが好きだったし、一人で歩いて、この先もきっと一人で生きていくのだろうと呑気にそう考えていた。
 しかし、駅のホームから階段をおりるあいだ、自分のまったく知らない「一人」がそこにあらわれ、どういうわけか、足がもつれそうになった。
 誰かが僕の顔を見て、すぐに視線を逸らした。
 ひどい泣き顔だったからだと思う。

        『神様のいる街』 より

 

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

 

🌷手を繋ぎ 命を繋ぐ

www.ashinaga.org

 

www.heso-pro.com

◎本プロジェクト商品の売上金の20%は「日本赤十字社」に寄付されます

 


演劇緊急支援プロジェクト

 

 

☆演じる といえども 真(心)がなければ意味がない

 生身の人間だからこそ成立する時空 刹那にすべては凝縮され

 同じ呼吸は二度とない

 ・・・自分のことをのぞかれてるみたいに怖くなったことが何度もある、
 なのに観たあとにはぼろぼろだったはずの自己が少しずつ再生していて
 もうちょっとがんばれるかもしれん、なんて感じてた。重い体を引きずって
 まで行こうと思える舞台、これがなくなったら自身の一部が損傷したのと
 変わらない・・・

 わたしは おかげでことのはを摑んだから

 

「お前、さ、・・・・・・神様って、いると思うか?」
「えっ?」
「・・・・・・大和さんが、言ってたんだ。オレとお前は、もともと〝ひとり〟だったんだ・・・・・・って。けど、ひとりに全部背負わせるのはつらすぎる。だから神様が〝ふたり〟にしたんだって」
「でも、オレは・・・・・・!」
「うれしかったんだぜ、オレ。その話聞いてさ・・・・・・オレが生きてる意味、ちゃんとあるんだ・・・・・・って・・・・・・」
 必死に、想いを伝えようとする。

      『君はそれ以上~出逢い』 存在理由 より

 

文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞(詳細ページへ移ります)

     🌺本屋さんによって「メーカー取り寄せ」・「入荷未定」とあっても
  出版社に在庫がありますので身近な本屋さんにて注文可能です🌺

 https://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

 

∞『僕のたからもの』  IOS版∞
 https://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

 

 

 

わたしの命が生かせるちからを



どうか 授けてください





たすけてください

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

 

 

人のなかにも鬼が棲み


時として

とてつもない


神様に匹敵する力を生むことがある


そう感じながら


時空の旅を続けています




闇も光も融け合い 宇宙をかたちづくる

ameblo.jp

 


In memory of Nobuhiko Obayashi ~ 草の想い

もしものこされた時間がわずかだとしたら

⁑ひとつ前の記事で本のプレゼントのおしらせをはさみました

gaiatwindragon.hatenadiary.jp (うしろのほうですが)

もうしばらくお声かけをお待ちしております。水仙のアイコン

プレゼント関連だけでなくおたずねやおはなしもOKです。本のおくりものは・・・

アナログな紙、だからこそ伝わるものがあるかなって。

 

・・・1月を迎えると阪神淡路大震災をおもう。

 

 

ニュースで現地の光景が映し出され、ほんとうにここがあの場処なのか

 

茫然と見つめる自分には受けとめきれなくて。

 

 

その頃に交流のあった人たちのことが気がかりだったものの

当事者ではない私には状況の 只中にある人の感情の理解も

寄り添うこともできはしなかったけれど

 

震災の2週間ほど前に大きな事故に そうして

 

どうにか休みをもらって外科で診察を受けようとしていた同じ朝。

 

 

あの場に車がいたら

反対側に落ちていたら

少しでも環境が異なっていたら

 

いくつかの偶然の重なりで私はここに在る

 

 

 

視えないなにかが変わりはじめたのはあの時、だったんだろうか。

 

あれから形をかえ、いたみやくるしみが、つらさやかなしさが襲い

おかしくなる寸前だった、それでも。

 

活かしてくれた存在が

 

 

意識しなければ浮遊してしまいそうな魂を器に留め

空洞の私のなかから言葉を引き出し

いつわりなく歩みを進めよとそれまでの日常を砕いた

 

暗闇の一筋の光

 

それこそが物語であり 

私を包んできた 愛のかたまり

 

 

わたしの色 わたしの歌 

 

すべてを その塊に託して灯を届けたかった

 

 

あした私がここに在るとはかぎらないから

 

 

 

誰しもいつか、この世界を旅立つ時が来る。

 

貴方の、ほんとうの氣持ちは何処にありますか?

 

 

それをしなければ凄く後悔する

 

大切なおもいを どうかみつめて

 

 

 

あなたが生きていたら わたしにどんなことを伝えただろう

文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞(詳細ページへ移ります)

     🌺本屋さんによって「メーカー取り寄せ」・「入荷未定」とあっても
  出版社に在庫がありますので身近な本屋さんにて注文可能です🌺

 https://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

 

 問いかけは自分自身へ。
「オレたちは〝いま〟を生きなきゃならないんだろ。・・・・・・この世界で、みんなといっしょに」

「遠さんはずっと見てる。お前のことも、オレのことも。あのひとは、そういうひとだ。大切な役目をもらって、ひと足先に行ってる、それだけだよ」
 自分をいたわる翔の想いが伝わってきて。

「・・・・・・泣くのは、恥ずかしいことじゃねぇよ」
 そうして翔は、歩み寄る。
「オレは何も、見てねぇから」
 優しく、武士の背中にぽんぽん、と触れる。

「ごめ・・・ん・・・・・・少しだけ、このまま、で・・・・・・」
 この〝あたたかさ〟をずっと忘れたくない。
 武士は心の奥で、そう思っていた。

      楪 蒼朋 『君はそれ以上~出逢い』

 

 

         あなたの手は とても あったかかったんだ

 

 


長崎の鐘

 

 

 

人間の一生は、旅の連続と言えるでしょう。

 

同じように見えても、今日という日は二度と巡ってきません。

まさに一瞬一瞬を「カイロス」として生きていくべきなのだと、

この頃つくづく感じます。

 

『よく生き よく笑い よき死と出会う』より

 

カイロス・・・一回限りの独自で質的な「時」を意味する(ギリシア語)。

「大切な時、決定的な瞬間」のこと。

 

 

よき塩梅で 味わい深く

眠ること、食べること。生活の基本、ですよね。

 

これらが崩壊しかかったときは大変だったな。

眠れないと食べられない、思いっきり悪循環になっちゃって。

 

多少神経質だとか気弱だとかの自覚はあったけど、まさか生命が脅かされるほどの

ダメージにつながるとは予測できなかった。

 

繊細すぎることがマイナスだってどこかで感じてたから認めたくなかったのかも。

 

 

そういったしんどさを体験したおかげで、というか反動もあってか

すごく食いしん坊になった、ように感じられる昨今。

 

美味しいんだ、素材そのものやらふだんだったら氣づかないだし、だったり

細やかな香りなんかに意識が向いてさ……嗚呼、食べられる、味がわかるって

こんなにしあわせなんだと。

洋菓子も食べますが和菓子、好きですねえ。。。。

 

美味しそうなお話しだなあと貼ってみました。

シリーズ最初の本はちらと視野に入っていた記憶が。

 

 

前のお仕事のとき、ほかのかたと職種が違っていたことで仕事場での立ち位置に

悩んでいたことがあったんです。ささいなやりとりもどうやったらやりやすく

なるんだろうとか、自身の性格ゆえの部分もあって(話しかけるだけでも冒険)。

 

そんなときによく、お菓子が登場しました。

たいそうなものでなくてもパッケージでほっこりするとこありますし、

食べないかたならお子さんにお持ち帰りもあり、だから当時はコンビニに

めずらしものの探索に(笑)

 

 

おぜんざいの味をととのえる、ひきしめるお塩。

 

こういうのって人間関係や物事にもからんでくるのだとおもいます。

ほんのちょっとの加減で、するっと展開することもある。

 

まずは自分自身を整調することから、速さは、どう?どんな場処に立っているの?

そんなに急がなくても大丈夫、まわりに合わせなくってもいいんだよ…

 

あなたにとっての、わたしにとってのよき塩梅を。

 

www.heso-pro.com

◎本プロジェクト商品の売上金の20%は「日本赤十字社」に寄付されます

 


演劇緊急支援プロジェクト

 

 

☆演じる といえども 真(心)がなければ意味がない

 生身の人間だからこそ成立する時空 刹那にすべては凝縮され

 同じ呼吸は二度とない

 ・・・自分のことをのぞかれてるみたいに怖くなったことが何度もある、
 なのに観たあとにはぼろぼろだったはずの自己が少しずつ再生していて
 もうちょっとがんばれるかもしれん、なんて感じてた。重い体を引きずって
 まで行こうと思える舞台、これがなくなったら自身の一部が損傷したのと
 変わらない・・・

 わたしは おかげでことのはを摑んだから

 

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞(詳細ページへ移ります)

     🌺本屋さんによって「メーカー取り寄せ」・「入荷未定」とあっても
  出版社に在庫がありますので身近な本屋さんにて注文可能です🌺

 https://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

 

∞『僕のたからもの』  IOS版∞
 http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

 

 

冬の氣配が色濃くなってきましたね。

 

ぐうぐうねむって ぱくぱくたべて

 

この一年のご自身をじっくりねぎらいながら、あらたな年を、お迎えください。

 

本年も『虹色ことたま』へお立ち寄りくださり有り難うございました。

また来年、お会いしましょう。

 

 

愛しいひとと ともにこのみちを歩いてゆけますように


Ultraman Gaia Opening Theme (60 Fps 4K) 【ウルトラマンガイア! OP】

 

 君の笑顔が見たかった。―『僕のたからもの』 帯文より

 

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

 

クリスマスプレゼント⭐

クリスマスにちなんでご希望のかた先着10名様へ、ゆずりはの本『僕のたからもの』

(2004年)もしくは『君はそれ以上~出会い』(2005年)をプレゼント

いたします。右下水仙のアイコンよりお入りいただき、お名前とパソコンのメール

アドレスをお知らせください。『書籍プレゼント希望』と明記のうえ、ひとこと

お寄せいただければ(なくても大丈夫です)幸いです。

 

🍀参考資料

 

僕のたからもの

僕のたからもの

 

 

 

君はそれ以上~出会い

君はそれ以上~出会い

  • 作者:楪蒼朋
  • 発売日: 2005/08/25
  • メディア: 単行本
 

 二冊それぞれのページに、いくばくかのことのは~いのちをみつめ、自分をより

いかすことをはじめた頃の氣持ち~をのこしています。よかったらどうぞ。

 

確定しましたらこちらからお返事をさしあげますので、

そのおりに発送先を教えてくださいね。

 

お便りお待ちしております。

桜の精とちいさな神様

来年へ向けて、新年のごあいさつをどうしようかと思案する季節。

 

 

アナログ式生活者なので、紙のおたよりがすき。

ないと落ち着かないといってもいい私。

 

年始のお葉書、昔は手描き(手書き)してました。

その時々ではまっていたまんがのキャラを我流で描き、そのぶん時間がかかって

年末ぎりぎりまで書いていたっけ・・・

 

さすがに社会人になってからは印刷されたものにことのはをのせる形になってますが。

 

 

今回は・・・さくらが氣になりました。

それと干支の、愛らしいデザイン、・・・おみやげとかの品にあるんだったか??

 

風土や色合いに惹かれてのことかも、浄化というか魔除けの意味もちょっぴり。

 

 

それぞれの事情に変化が生じて連絡を取り合えなくなったり音信不通であったり。

場合によっては遠慮したり、で少しずつ機会が減っていく。

 

私自身、心と体の状態や近年は視力についても微妙な立ち位置なので

どこまで書けるのかわかりませんけれど・・・

できるかぎり続けたいですし相手方の反応がなくてもどうにか

 

「私ここにいるよ」

 

だけでも伝えられたら。

 

そうして、あらたないちねん精霊さんたちがまもってくれるよう願いをこめて。

 

 

 

いまどきの通信手段にのれず、かといって美しい文字や流暢な文をあやつれるの

でもなく、ご迷惑にならないともかぎらない、たとえそうであっても、

 

 

どうかことのはを贈らせてください

 

これが私にできる精いっぱい

 

 

出逢えた奇跡に感謝です。

🍀わたしからあなたへ 音色(こえ)の花束

 

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

 

gaiatwindragon.hatenadiary.jp

 

 

www.heso-pro.com

◎本プロジェクト商品の売上金の20%は「日本赤十字社」に寄付されます

 


演劇緊急支援プロジェクト

 

 

☆演じる といえども 真(心)がなければ意味がない

 生身の人間だからこそ成立する時空 刹那にすべては凝縮され

 同じ呼吸は二度とない

 ・・・自分のことをのぞかれてるみたいに怖くなったことが何度もある、
 なのに観たあとにはぼろぼろだったはずの自己が少しずつ再生していて
 もうちょっとがんばれるかもしれん、なんて感じてた。重い体を引きずって
 まで行こうと思える舞台、これがなくなったら自身の一部が損傷したのと
 変わらない・・・

 わたしは おかげでことのはを摑んだから

 

 

文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞(詳細ページへ移ります)

     🌺本屋さんによって「メーカー取り寄せ」・「入荷未定」とあっても
  出版社に在庫がありますので身近な本屋さんにて注文可能です🌺

 https://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

 

〝ふたりのこと、大事にしてね。・・・・・・あたしには、護れないから〟
 その『声』がとぎれると同時に、はらはらと何かが落ちてくる。
 ・・・・・・それは季節はずれの、桜の花びら。
 安息の地へ、旅立っていったのだろうか。
「・・・・・・生まれかわって、また会えるさ」
 手のひらの花びらに、海野はユウヤの想いを重ねていた。

  『君はそれ以上~出逢い』  第二章 時空のはざまで

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

 

〈2020.12.15 追記〉

camp-fire.jp

🍀いいな、とおもわれたらご参加ください⭐(あと10日です)
いろんな取り組みをされてあるのでお話しだけでも読んでいただければ幸いです