音楽

逢いたいひとがいること

「手紙を書きたいひとがいるって、幸せなことだね」あるとき、友人からもらった言葉です。 これだけ文明の利器が発達した世の中で、手紙はある種やっかいだなと思われるかもしれない・・・書いてもいいかな、と迷いが生じるとき、この言葉を思い出します。ふ…

「生きる」物語は愛へ

・・・書きたい想いはあるのに、言葉が出てこない、こんなにもどかしいものだと、昔は知らなかった。 このところ、様子がおかしいなとじぶんで気がついてはいたのです。でも、妙に気が急いているようで止まりたくても止まれなかった。・・・かなり状況は危う…

歌物語

あなたの好きな歌は どんな歌ですか? 心に響く歌 思い出深い歌気持ちが和む歌元気になれる歌 しずかに涙する歌。。。。 歌がなくても生活はできるかもしれないけれどそうした歌を持つことで生きていく日々の支えとなりもうすこし歩みを進められるかなという…

『 Poco a Poco 』

・・・久しく忘れていた感覚が呼び起こされた。「ああ、こういうこと、一生懸命勉強して、覚えてたことがあったなあ」 受験のため、とかもあったけど、純粋に音楽好きで、いろんなことが入ってくるのがたのしかったことがありました。学校以外に友達というか…

たかが愛

思う、という感情を最初に知るのは家族がきっかけだろうか? 愛される、大切にされる、そうした記憶をどのくらい有しているか・・・人によってはそれが家族との記憶ではない場合もあるかもしれない。 友達、仲間、先生、先輩や後輩、何かしらの集団で出会う…

手を、はなさずに

・・・震災から少したって、「手をとりあって」、という曲がよく聴かれる、流されるようになったと記事で読みました。・・・時々で必要とされる歌、音楽、言葉・・・どんなときでも生きようとする本能が求めるもの・・・(曲のことはご存知のかたも多いかも…

薬師丸ひろ子さん

とっても久しぶりに「堂本兄弟」観てみました。うしろのメンバー今、どうなってんでしょ??女性陣がわかんなくて・・・それにしても高見沢さんはすっごいキラキラだねえ(笑)この人にしか着られんわな、あの衣装。・・・面白いからいいけど。 ゲストが薬師…

** いまは どんなにつらくても 逢えてよかったと伝えたい **

輪廻転生の考えに照らせば 私は何度か生まれ変わっているかもしれない生まれ変わりの回数は人によって違うと聞くそうして 生まれ変わる場処やものも しらない世界 だからほんとうかどうかはわからないでもたぶん 『魂』というものはあってどんなふうに生きる…

with you

・・・ちょっぴり、つかれているかな?でもひとつ、峠をこえた気がしてうれしい。 この色、むらさきみたいな感じがして選んだのですが・・・果たして発色は?? ちらっときいたところによると、ことしの風水系(?)の色はラベンダーなのだとか。とすると、…

Singing With Santa Claus

演劇集団キャラメルボックス『サンタクロースが歌ってくれた』 25周年クリスマスツアーでございます。えと、たしか今回で四度目の上演となる代表作だとか。 25年ってすごいよね・・・その循環でこその、今作。舞台自体、毎回生き物のごとく様相を変えて…

もしもピアノが弾けたなら

「・・・ピアノが弾けたらいいな」そこにはいくばくか 純粋な響きがある わたしの始まりはなんだったろう?きっかけなんて何でもよかったそういえる思い出ならいい初めて鍵盤にふれた日や曲をひとつ仕上げたときはうれしかったのかもしれない でも 大きくな…

絶対音感

話題になったのはかなり前。多少なりとも音楽にかかわる人間としては気になる題材である。 何故いまか?理由らしきものはないと思うが、新聞のコラムを読んでいて「そういえば」と思ったのがきっかけ、か??最相さんの本を読んでおきたかったのである。 「…

中島みゆき嬢

・・・などと書けるような立場にはございませんが(汗) とはいえ、こういうふうに書いてみたくなる風情がありますもので、中島みゆきさん、とは。 私の友人に「~嬢」といった言い回しをする御仁がおります。とても同世代とは思えない博識で独特なたたずま…

OH MY ゴースト!!

夏の様相から一変、暦通りの秋の表情になってきたようです。しかしながらかなり天候が荒れているようなので、みなさま何卒お気をつけください。 さて、ひと月ほど前のお芝居。演劇集団スプートニク公演ということで観てきました。日本だと怪談、というのはも…

言葉以上に伝わる想いがある

生きている という感覚はうすくて 特別に望むものなど 何もなかった あのころ僕は、どんな人間だった? 冷めてはいたかもしれないそれはいまもさして変わらない ひとつだけ 変わったのなら心に宿るものがある ということ “何かを 置き忘れてはいないかい?” …

~水の星に愛をこめて~やさしい星で

いよいよ夏本番、の季節かな・・・? 上記の歌がはやっていたのは学生のときだったと思います。表記などがあいまいだけど・・・レコードを持っていた時期があった。生粋のガンダムファンではなかったのですが、「水の星に~」はちょっぴり思うところがござい…

『君はそれ以上~出逢い』 ★☆廻りあいの奇跡★☆

時が刻まれてゆくのを切に感じ始めて十年くらいたつ。けれど面白いことに、もう何十年も経過してしまったように錯覚する瞬間がある。 書くことを生業としているとまではいえないが、書かなければ息ができずにいた、とは確実に言える。それも基本はあくまでも…

なぜだろう

・・・かなり変則的に(ウチの習慣としては)、ドラマを観ている。警察が介入しているものだからか、よく分からないのであるが、「おや?」と感じた。 以前からそういう傾向ありましたっけ?本編中で人物紹介のテロップのようなものが出るんで。人物名、肩書…

天ノ星ハ昔ノ光

“・・・演劇の凄さは、瞬間的に異次元への突入が可能なことだと思う。故に其処にかかわるすべての人たちに敬意を表したい。そして「何か」を感じ取り、自ら率先してその場処を探りあて動いてくれる「私」という器にも感謝したい。いま此処に存在することはも…

愛について∞∞DAREMOGA MINNA TAKARAMONO

恋愛という言葉に対する世間的な、大半の反応が僕は好きではない。無論、それがいけないという意味じゃない。ただ、極度に美化したり、逆に激烈なものだったり、というある種の枠、そこにアレルギーがある。といって、自分はどうなのか、不明。 本来、人の数…

walk on... 歩く、あるく、のしのし歩む

KinKiの最新アルバム六曲目より(うしろにくっついてる尾ひれは心構えのようなもの) お世話になっております、楪です。この文字の表記はまだめずらしいほうになるのかな?書き方はともかく、筆名定めたころ、ふしぎとこの名前に遭遇することが多かった…

聖人ではないから

いきものには寿命ってあるよね。だから、みんないつかここからいなくなる。「死」ってなんだろう?それを漠然と知るのは、子供のころだろうか。身近な動物や、近しい人をうしなうとき。でも、自分のいのちを思うのは、もっと別なときだと思う。 ある時点まで…

つばさ -little wing-

『生まれたばかりの人には 翼がある』ひとりの友が そういった でも しだいに世の中のしがらみ人とか組織とか そうした思惑暗い部分に放り込まれてまっさらだったものが 黒くなる いつしか翼は重くなり人は飛ぶことを止めてしまう ただ 鳥にも飛ばないものは…

可愛くも切ない。。。。

調べものをしていたら、渡辺あきおさんの絵に遭遇した。たまたま出先で見つけて、かわいかったからポストカード買って帰ったことあったっけ。ひところ渡辺さんの絵を探しまわったこともあったな。たくさん知ってる訳じゃないけど、渡辺さんの描かれるねこた…

いつか旅立つその日のために

君はいま何処にいる? 誰にも苦しみを打ち明けられず、ひざをかかえているだろうかもしかしたら、大切なひとをうしない悲しみにうちひしがれているかもしれない 自分の存在を、のろわしく思ったことはあるかい? そう思ったからといって、責めることはないん…

“みんな、誰かを愛してる”

・・・私たちが“知っている”と思っている世界は実はごくわずかにすぎないのかもしれない・・・ **** 「わたし」 そして 「あなた」 となりにいるひとのことをどのくらいしっていますか?じぶんの存在をどう感じていますか? ここにいる彼らは「異質」で…

♪堂本兄弟♪

ファンのかたや芸能情報つかんでる人にしてみれば、きょうだいだと思ってることはあまりないとふんでますが(笑) KinKi Kidsのふたり、の噺 地域性やら歴史のルーツやらで特定の姓が多い、というのは実際あるようですね。ただ、このふたりのような…

幻なんかじゃない

目視できないもの、現実にはありえないものを幻と呼ぶ。 みえないものが幻なら、神さまや仏さまは?さわれないのは“こころ”もおなじ 細密にしらべていけばある程度のことは科学で証明できるのかもしれない。でも、それだけで結論づけできるほど容易じゃない…

傾向あり?

通常ドラマというか、テレビをほとんど観ない奴なのであくまで知っている範囲の考えですが。 ストーリーはもちろん、BGMの効果、というのもあなどれないと思うわけです。 何故かほとんど観ないのに、作品が一定方向に寄る。私の場合、水曜の夜9時と木曜…

阿檀の木の下で

もしも、大切なひとの命がおびやかされたらそして、自らも危機におちいったならそのときいったい何ができるのだろう降りしきる雨は天のなみだかつてこの国の内(なか)でも戦さはあった力の誇示や領土の争いそれはやがて国の外へも広がりおびただしい数の犠…